スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭科の実技試験は必死

2006/09/02  CATEGORY/料理?
今日の昼食後、家族で料理の話になりました。

弟「俺の方が料理得意だよ」

私「えぇ!?そんなことなくない??」

弟「いや、俺 家庭科の成績5だもん」

・・・・・・・・・

この台詞によって、忌まわしい過去を思い出しました。

そう、あれは中学1年の時

家庭科の実技試験で「うさぎリンゴ」が出されました。

班毎に先生の前へ行き、5人が1列に並んでリンゴをむきむきするわけです。

うさぎリンゴの作り方は、とっても簡単ですよね。

①リンゴをよく洗い、皮をむかずに6等分します。

②芯をとります

③皮にv字の切り込みを入れます

④vの開いてる側の端からナイフを入れていき、ウサギの耳が完成。

かわいいウサギりんごの誕生です。

私は何をしたかというと

芯を取り

皮に切り込みを入れて

仕上げの皮むきの段階で

りんごを握りつぶしました。

…先生呆然。

もう一回チャレンジしても、やっぱり握りつぶしちゃった('A`)

「分かったから、もういいわ。リンゴもったいないし」

と言われ、試験は終了★
先生も、まさか「もったいない」なんて感情がわくとは思ってなかったに違いない(-公-;

クラスで1人だけだったよヾ(≧∇≦*)

リンゴ握りつぶしたやつ(σ・∀・)σ

っていうか

試験失敗したやつorz
スポンサーサイト
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://pearapple.blog56.fc2.com/tb.php/20-3dd33041
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。