スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借金に埋もれたサンタクロースが

2007/02/13  CATEGORY/本
風邪も治ったので、久しぶりに読書をしました。

星新一さんのショートショートheart0



子供達にプレゼントを配り続けるために借金に埋もれたサンタクロース
("悲しむべきこと")

何を投げ入れても決して埋まることの無い穴
…その穴の構造は実は…
("おーい でてこーい")

本音をつぶやくとキレイな言葉に変換して
代わりに喋ってくれるオウム
("肩の上の秘書")

など、自選50編。

絵本をよんでいるみたいだと、書かれている方がいらっしゃいましたが

まさにそんな感じです。

いろいろなことが訴えられているので、

自分に小さい弟や妹がいたら是非読み聞かせをしてあげたい。

ショートショートなので、読む時間も短くてすみますし…(ぉぃ)

あんまりブラックすぎるのは聞かせたくないですけど

booklogのが貼れないのでamazonから持ってきてみました↓




小学校の教科書に載っていた「おみやげ」も入っていました。この作品、妙に心に残っていて、ずっと覚えています。

スポンサーサイト


テーマ : 女子大生日記 - ジャンル : 日記

タグ : 星新一
この記事へのコメント
■turutanさんへ
星新一は高校の時割と周りで読まれていたので手に取った本です。

私は彼の作品、好きですww
■なしりんご | URL | 2007/02/14/Wed 20:45 [EDIT]
かなり昔
こんばんは♪

星新一ですか。
相当昔に、やはりショートショートを読んだ記憶がありますけど、最近の若い方でも読まれることがあるんですね(自分いくつだ?)
かなりシュールな感じがしますけど、それだけインパクトもありますね。
うん、懐かしいです。
turutan | URL | 2007/02/13/Tue 19:43 [EDIT]
■がくさんへ
うーん…確かにその辺りはキツいですねー

でも星さんの書く泥棒の話はちょっと変わっていて面白いと思ったのです(´・ω・`)
盗みに入って貧乏神にとりつかれてしまう泥棒
とか
悪事を悔い改める薬を盗んでしまう泥棒
とか
そゆのなら…でも理解できるのかなぁ…何歳くらいからユーモア(?)に笑えるようになるのか、込められた意味を読みとれるのか…それを考えるのを忘れていました(ノ_・。)
■なしりんご | URL | 2007/02/13/Tue 17:28 [EDIT]
こんな話
あるところ底が見えない巨大な穴があいていました。「おーい」と呼んでも返事はなく、小石を投げてみても底に落ちた音はかえってきません。やがて人々はその穴に廃棄物などを捨てるようになりました。
月日は流れ・・・ある日空から「おーい」という声が聞こえてきて、しばらくすると小石が落ちてきました・・・

・・なぜかこの物語を覚えています。あとは人口調節のために無作為に選んだ人を生活維持省が殺す話は衝撃的でした。。。今で言うイギリスの哲学者ジョンハリスの「臓器クジ」と同じですよね。
子供にはキツすぎます・・・(-_-;)
がく | URL | 2007/02/13/Tue 16:04 [EDIT]
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://pearapple.blog56.fc2.com/tb.php/161-ac896eb6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。