スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「飄々とした」ってどういう意味?

2006/08/18  CATEGORY/日記
以前学校で久しぶりに友達に会ったときに

こう言われました。

「お前は、相変わらず飄々としてるなぁ。」

その時私は

飄々としてる=肩で風を切って歩くイメージ
だったので

「へへへ~そう?」

とか言って、

(クールな感じで、かっこえぇやん)

とか思って、

ちょっと嬉しく笑っていたのでした。



・・・



昨日、別の友達から来たメールに「飄々とした」

って使われた文章があったんです。

でも、文章的に私のイメージじゃ、なんか変


なんかっていうか


普通に

変。


で、

↓調べてみた。↓


ひょう‐ひょう〔ヘウヘウ〕【×飄×飄】
「ひょうひょう」

[ト・タル][形動タリ]

1 風の吹くさまや、その音を表す語。

・ 「耳元で風が―と鳴り続けた」〈火野・土と兵隊〉

2 風に吹かれてひるがえるさま。

・ 「風に揉まれる煙の如く―と舞いながら」〈谷崎・異端者の悲しみ〉

3 足元がふらついているさま。また、目的もなくふらふらと行くさま。

・ 「船は流れのまにまに―と軽く行くのである」〈木下尚江・良人の自白〉

4 考えや行動が世間ばなれしていて、つかまえどころのないさま。「前ぶれもなく―と現れる」「―たる風貌」



やっぱり違ったーΣ( ̄■ ̄||)

まぁ、3か4だよねー意味的に・・・

そうかー

こういう意味だったのかー

えー…あんまりコトバとかしらないと、

人生って楽しいかもしれないね♪

なんかいいように解釈できてさorz(涙)



昨日読んだ本


東野 圭吾 / 角川書店(2003/08)
Amazonランキング:122,041位
Amazonおすすめ度:
力作ではある
徹夜本
ダークな叙事詩




東野 圭吾 / 毎日新聞社(2003/03)
Amazonランキング:5,547位
Amazonおすすめ度:
絶妙で巧妙な文章構成
犯罪者を身内にもった苦悩はよく書けているが
久々に号泣しました


スポンサーサイト


テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
管理人にのみ表示
この記事へのトラックバック
http://pearapple.blog56.fc2.com/tb.php/12-9f1c6c7d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。